記事ネタイメージ画像

アフィリエイト

ブログ記事のネタ探しに疲れた時は・・・Youtube【ネタの宝庫】も活用してみる?

秋田です。

ブログアフィリエイトをやっていると・・・ネタが尽きるというか、ネタ探しやブログ記事更新そのものに疲れてしまうことがあります。
そのままだと・・・挫折です。

毎日毎日、記事を作成する習慣ができても疲れやストレスから頭がヒラメかないこともあります。
人間ですから、生身の身体ですから・・・好不調の波があるのはいたしかたないですね。

さて、今回の記事はネタが尽きた時にどうするか、何を書くか、という切り口からの記事です。
実際に私が意識していることでもあります。

・Youtubeはネタの宝庫?
・ユーチューバ―と同じ手法が使えるかも知れない!
・もしメルマガを購読していたら・・・

について解説します。

良かったら参考にしてください。
 

スポンサードリンク



 

Youtubeはネタの宝庫?

Youtube動画イメージ画像
自分のブログのテーマ・キーワードとは別に・・・興味のある分野などの話をトピック的にブログ内に記事投稿することは普通にアリです。
そもそも狙いとするテーマ・キーワードだけでブログを運営するとなるとなかなかネタ的には厳しいものがあります。

特化型のブログであっても閑話休題というフレーズが使えるようなシチュエーションがあっても構わないと思っています。

さあ、そのネタ探しですが・・・ズバリ・・・Youtubeがいちばん手軽で最適です。

トレンドブログを運営しているならポータルサイトのニュースや芸能ゴシップ的な話題をひろってきてもいいのかも知れませんけど。
日々注目が変わるニュースを追いかけるとなると大変です。

Youtube動画をお薦めするその理由ですが・・・
■ 人気動画は再生回数で判断できる。
■ 1つの動画がだいたい10分以内が多いので情報収集にそんなに時間がかからない。
■ 書籍の読書感想文などを書くとなると・・・1冊読み終わるのに(速読でもできない限り)すぐに1時間といった時間がかかる。
■ 教育系、ノウハウ系の動画もたくさんアップされている。
■ 動画の内容によっては(特に教育・ノウハウ系は)自分のスキルアップにもつながる。
からです。

動画からのネタをブログに持ってくる方法

教育系ノウハウ系Youtube動画イメージ画像

ノウハウ系や教育系の動画には画面を見なくても「声だけ」で十分に内容が把握できるスタイルのものもあります。
また、図表などを駆使して動画の画面を見ないと理解しにくいものもあります。

すべての動画がそのままネタとして使えるかどうかは本人次第です。
使わせてもらう(ヒントをもらう)側のスキルによっても表現の仕方が違ってくるのは当たり前です。

いずれにしても動画で取り上げている内容が自分の記事に使えそうなら・・・そこからの情報を=「ヒント」と、とらえて「ネタ」として使わせてもらう、というのがいいですね。

話し言葉 ⇒ 文字情報に変換する、というだけでもコンテンツが出来あがってしまいます。

それって・・・著作権の侵害にはなりませんか?
ネット王女

もちろんです、そのとおりです。

秋田秀一
学校の授業でも・・・先生から習ったことを・・・
その日学校を休んだ友だちに自分が自分の会話として教えてあげれば・・・問題はありませんね。
※大事なのは・・・自分の言葉です。

ですから・・・

自分なりの切り口で、自分の言葉・表現方法で、当然にYoutube動画の時と違って自分のブログの場合は相手(読者・ターゲット)が違うはずですから、違う言い回しで伝えることは何ら問題ありませんね。

くどいようですが・・・パクリはダメですよ。

【ここでのまとめ】
・Youtube動画からの情報・ノウハウを自分で理解して
・自分の言葉で、自分の文字情報で読者にわかりやすく
・伝えるために加工する(読者のレベル感に合わせる)、ということで記事を作成する!

ということをぜひ試してみてはいかがでしょうか?
 

注意点・・・のめり込まない、こと!

これは2つの意味での戒めです。

・Youtube動画に見入ってしまうと・・・すぐに時間が経過してしまうことと
・ネタ探し以外の他のジャンルで「遊ばない」ようにすることが大切、だからです。

Youtube動画の中には「わざと」10分間を超える動画を作っているものがあります。
同じことを2度述べたり、違う言い回しなどで時間稼ぎをしているものです。

アフィリ王子
これは・・・確か一定の時間を超える動画(たとえば10分間など)は、動画内に複数の広告を表示できることが許されていることからそのような長い時間の動画を作成する「くせ」のあるユーチューバーがいるからです。

せっかくの一度の人生です。
少しでも貴重な人生の一部をムダにしないようにしたいものです。

そのためには・・・お目当ての動画を探す時にも・・・

・1.5倍とか2倍の倍速で視聴するくせをつけるといいですよ!

 

ユーチューバーと同じ手法が使えるかも知れない!

ユーチューバ―のやり方イメージ画像
ユーチューブでいろんな動画を見ていると「使い回し」的な動画がたくさんあります。

後発組の参入者が・・・先にアップされている動画を参考にして、加工して、自分なりのオリジナリティに変えてファン(チャンネル登録者)を獲得しているようなケースです。

いちばん多いのは・・・色恋沙汰が目につきます。
ズバリ・・・「なれそめ」「馴れ初め」というジャンルです。

【情報元】・・・2チャンネルなどの投稿サイト(暴露サイトなど)

矢印イメージ画像

【先駆者】・・・文字スクロール動画でアップ(BGM付き)
文字だけ・顔出しなし・声出しなし・BGMあり

矢印イメージ画像

【2番煎じ】・・・後発者・・・漫画にしてナレーション入り(会話)
・漫画での動画あり・声出しあり(合成声あり)・BGMあり

矢印イメージ画像

【3番煎じ】・・・次の後発者・・・ゲームの対戦画面をずっと動画で見せながら・・・
画面の3分の1程度のスペースに「文字スクロール」で馴れ初めを流す、というやり方
顔出しなし・声出しなし・ゲーム画面の推移とゲーム音あり・BGMなし

いかがですか?

同じ「馴れ初め話」を言葉づかいや文章の量を調節しながら(尾ひれはひれを付けながら)自分の動画としてアップしているユーチューバ―が存在します。

そのやり方の賛否は別にして・・・同じ発想で記事ネタになるような情報源を加工してブログ記事に仕立てることは・・・アリ、だと思います。

【やり方のまとめ】
・動画での話から ⇒ 図解にする、詳しい語句説明などを付け足す。
・自分ならこう表現する、こう教える、と言い回しを変える。
・結論を先に言う、複数の動画を1つの記事に【要点】をまとめる・・・など。
秋田秀一
深入りし過ぎてはダメですけど・・・
Youtube動画からの情報収集も上手く活用できる、というのは間違いないと思います。

 

もし(複数の)メルマガを購読していたら・・・

自分が興味のあるメルマガを購読していたら・・・ステップメールの形で毎日のようにメルマガが届くと思います。

時間はないかも知れませんが、そのメルマガからヒントをもらう、という手もあります。

やり方は動画の場合と同じです。
2つの参考になるメルマガなら・・・2つの内容を足して2で割る、という戦略になります。

それだけで自分のオリジナルな記事になってくれます。

【ここでのまとめ】
・ウザイ、メルマガも役に立つ情報源となる可能性もある。
・ただし、これも情報収集にかける時間には意識的に注意することが大切。
・メルマガの中には商材やセミナーなどを(最終的に)売りつけることが狙いのものがあります。
⇒ ミイラ取りにならないように(深みに、はまらないように)してください。

ノウハウコレクターになってしまったら大変ですから。

 

まとめ

記事ネタ探しまとめイメージ画像
今回は記事ネタ探しでのYoutube動画の活用でしたが・・・

実はこれからの5G、6G時代を見据えたら・・・SNS(FBやTwitterやインスタグラム等)と同様にYoutube動画の世界に進出することが大切です。

間違いなく動画の時代になりますし、もうすでにそうなってきています。
芸能人・タレントなどもどんどん参入してきているのが現実の姿です。

どうぞ意識しておいてください。
そして自らも一歩踏み出してください。

【まとめ】
・ブログ記事ネタ切れ・ネタ探しにはYoutube動画がお薦め!
・2つを足して2で割って、3つを足して3で割って、自分の言葉にすればOK!
・深みにはまる、ことだけは注意。それよりも次のステップとしてYoutuberデビューを意識する!

特に3番目のYoutube動画進出する、ユーチューバ―としてデビューするというのは(絶対的に)アリ、です。

日頃からYoutube動画に敏感になっておくことは・・・将来への投資にもなります。

ただ動画を見るだけでなく、
■ サムネイル画像の作り方
■ タイトル・キャッチコピーのフレーズ
■ 話の流れ・動画の構成
といったものを少しだけでも意識するだけでプラスになること間違いありません!

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

【自社CM・オリジナル教材】
PC・スマホ不要。記事投稿不要。仕入・梱包・発送手続き不要・・・ツール一式用意


 

スポンサードリンク



 

-アフィリエイト

Copyright© 副業専門学校 , 2020 All Rights Reserved.