海外サーバーイメージ画像



昔、アダルト系のアフィリエイトはブルーオーシャンでした。最近ではたくさんの個人・法人が参入してきてレッドオーシャンになってきているような状況です。

ただ、情報商材系のアフィリエイトを除くと、報酬率の高さと継続報酬が魅力であることから参入・チャレンジを考えてるいる人もたくさんいらっしゃるかも知れません。

老婆心からのアドバイスです。トライしてみたい人は十分に自覚・認識した上でチャレンジしてください。

出会い系やアダルト系は、公序良俗に反する、反社会的なカテゴリーなのか?

職業としては立派に存在します。ただ、暴力団等の犯罪組織が参入していたり、関連業界からのイメージや、年齢制限的な法律・条令などから厳しい目で見られる範囲であることは間違いありません。

銀行などで預金通帳を作成する時など、(いろんな契約文書などにも)反社会的な組織に所属していないとか、反社会的な人物そのものではありません、といったような誓約書なり・同意事項なりに署名・記載・捺印をした経験はありませんか。

今は、反社会的な存在との縁がないようにしていることが社会全体の要請なのです。

出会い系でも・・・結婚相談所のように責任ある大人が出会って交際する、結婚に至る、というようなことは何も問題がありませんし、実際、大手でも結婚や出会い系に参入している企業はたくさんあります。
(楽天さんにも楽天ウエディングやオーネットというサービスがあります。ヤフーさんにも出会い・お見合いというジャンルがあります。他にも・・・)

同じ出会い系でも・・・未成年者が絡んだり、援助交際的な目的の層が(仕掛ける側も、対象となる側も)入り込んでいたり、場合によっては薬物などの売買なども行われたりするようなサイトが問題視されるわけです。

そして正当な出会い系とグレーな出会い系とブラックな出会い系・・・その境界線は非常に(入会したりしている層でみた時に)曖昧なのだといえます。

ですから、それだけ社会の目は、法律・条令の規制は厳しいものがある、ということだけは理解しておいてください。

グレーとブラックとの境界線などは理解した上でアフィリエイトにチャレンジする

まずは前提条件として、「幼児虐待」など「幼児」という年齢層が関わってくるジャンルは絶対にダメです。一発でアウトです。

幼児絡みの画像等を扱うサイト・ブログは一発、アウト!

もう犯罪だということを認識してください。

モロ出しの画像は・・・一発、アウト!・・・国内サーバーであろうと海外サーバーであろうとアウト!

よく誤解される方がいらっしゃるようですが、海外サーバーならOK!というのは間違いです。

サイト・ブログの運営者がどこに居住しているか、ということです。
日本在住なら・・・日本の法律が適用される・・・モロ出し画像はアウト!
海外在住なら・・・そこの国の法律が適用される・・・モロ出し画像がセーフの国がある、というだけです。

日本に住んでいる人が、海外サーバーを利用して、自分のサイト・ブログ内にモロ出しの画像を掲載していたら・・・
国内の法律適用で処罰の対象になります。どうしても画像を使いたい、ということであれば(モザイクとなどの)画像処理したものをアップすることになります。

要は、運営・管理している人が日本に住んでいるかどうか、です。

あなたが海外在住であれば、その国の法律でOKになる場合もあり得ます。

ただ単に、出会い系の掲示板やアダルト系の掲示板を運営するだけならOKか?

もし、掲示板に悪意を持って投稿する人がいたら、管理・運営者としてどう対処しますか、どう責任を取りますか、という観点から考えてみてください。

モロ出しの画像が投稿されたら、そしてそれが、あなたの管理・運営するサイト・ブログ内で自由閲覧できる状態になっているとしたら・・・

当然、管理・運営者のあなたが処罰されることになります。管理監督責任があります。日本の法律に合うように削除したりして適切な運営に努めなければならない、のです。

【その1】アフィリエイト等で、非モロ出しの画像やテキストから(モロ出し)アダルト動画サイトの入口へリンクを貼った場合は?・・・(今のところ)OKですが

リンク経由で、入会して動画を閲覧するようなサイト(そこから報酬が入るためのコードが混ざったアフィリエイトリンクをサイト・ブログ内に仕掛ける側にあなたはなりますが)に、クリックすると飛んでいく場合の話です。

会員制の(アダルト)動画サイトは、トップページ画面(アフィリエイトのリンクコードクリックで移行する画面)には、18歳未満(退出)とか、成人(入口)といったように表示なっていたりしています。

そして、その入口の画面(トップページ)には、モロ出しの画像等はなくて、綺麗な女性のポートレイト的な画像にとどまっているものが主流です。

これは(今のところ)セーフだといわれています。

そこから訪問者がリンクをたどってモロ出しの画像に出会うような形になっているものです。
この場合は、すでにあなたのサイトから直接的にモロ出し画像に移行した、モロ出し画像が見れた、ということではありません。

なので、(今のところ)セーフではないか、といわれています。

ということは、そのスタイルであればアダルト系のアフィリエイトにチャレンジすることは可能です。

【その2】非モロ出しの画像やテキストから(モロ出し)アダルト動画サイトへリンクを貼った場合は?・・・極めてブラックに近いグレーですが・・・危険!

Youtubeのような自由に動画を投稿できる海外の動画投稿サイトの中には、モロ出しの動画がネット上にたくさんアップされています。

Youtubeの面白動画を紹介するサイト・ブログのように、直接的にその動画を見れるようにリンクを貼ることは、つまりあなたのサイト・ブログ内をクリックした時に、次の瞬間、モロ出し画像・動画が閲覧できるようになっているものは、限りなくブラックに近いグレーです。

・管理運営する掲示板にモロ出しの画像・動画が投稿された場合と、ほぼ同じ状況です。
・ただ、その画像・動画が自分のサイト・ブログ内(サーバー内)に、ないというだけです。
・訪問者からみた場合は、できあがりの姿といういうか結果は、同じ状況です。

グレーだというのは、今のところそれで摘発されたようなケースはない、というだけのことです。
そんな運営者が日本のどこかで、他のことで悪いことをして摘発されたりすると、サイト・ブログ運営の件でも摘発される可能性もありうるのです。

となれば、(それがきっかけになって)同じことを行っている他の人も(見せしめ的に)摘発される可能性が出てくることにもつながります。

そういった意味で限りなくブラックに近いグレー、だということです。

自分のサイト・ブログをリンクした時に、次の画面にモロ出しが登場するスタイルは、極めて危険だと思います。
厳格な法律改正などがなくても、今の法律での判断一つで摘発される可能性がある、ということです。

まとめ

出会い系はまだ大丈夫かも知れませんが、モロ出しの画像・動画に関連するサイト・ブログを運営してアフィリエイト報酬を稼ごうという場合には、直リンクでの(モロ出しの)画像・動画表示、閲覧可能、という状態の記事やコンテンツを投稿することには十分に注意してください。

自己責任です。モロ出しへの直リンクはいつ摘発されてもおかしくはない、というグレーな状態だということを認識しておきましょう。

もちろん未来永劫、摘発されない可能性もあります。