空と雲

以下の点について少しだけ考えてみてください。
テーマや内容をどう考えるかについて検討する時に忘れていけないのは、究極の目的はアフィリエイトでの報酬を上げることです。それだけは忘れないでください。

1.稼ぐ系のブログ・・・Aと、そうでないブログ・・・B
(ブログのテーマは何ですか、誰をターゲットにしていますか?という切り口です)

2.自分が好きな分野・得意な分野・興味のある分野(=自然と勉強するであろう分野)・・・Cと、今のところ興味のない分野・・・D
(今でもすぐに記事が書ける分野と少し頑張れば書ける分野と、興味がなくてこれから多分に取り組むことはしないかな、という分野です)

では、次の視点としてあなたがアフィリエイターとして、楽して稼げるようなブログとは?という切り口からのチェックです。
(つまり報酬が高い商品を扱う時のブログの切り口です)

それを情報商材だと仮定します。(実際、情報商材は高いものが多く、アフィリエイター報酬も高めです)
一回当たりの購入につながった時に、より儲かるのが情報商材と言われるものです。

3.情報商材を「これはいい商品ですよ」とほめて紹介するブログ・・・Eと、これは×ですよ。詐欺商材ですから騙されないでください、という具合に批判する内容と、逆にこれなら安全です(いい商品ですよ)と推薦したりすることでいろんな商品に○×をつけるような感じのブログ・・・F

あなたがこれからやろうとしているブログは、3つのパターンでそれぞれ質問するとしたらA~Fまでの間のどれに該当しますか?

稼ぐ系(稼げる系)のブログとそうでないブログ

繰り返しますが、自分たちの目的はアフィリエイトです。(あなたがブログを運営して副収入を得るというのが狙いです)
テーマや記事の内容がどんな感じのものになるのか、ということです。

稼ぐ系(稼げる系)・・・A そうでないブログ(非稼ぐ系)・・・B
ネットビジネスで儲かる方法とか、アフィリエイトのやり方とか、その他副業・副収入を得たり、投資やFXなどについての記事をメインにしたブログ ダイエットに成功する方法とか、犬のしつけ方とか、英会話の学習法だとか、会話の仕方、モテる方法、資格試験で合格する方法とか・・・いろんなノウハウやコツを教える記事を中心に投稿するタイプのブログです。
ブログを訪問する人は「稼ぐ」「稼ぎたい」という思いがあるわけではありません。

本ブログは、Aになります。私が3日でアドセンスのアカウントを取得(再取得)できたブログはBタイプです。

自分が好きな分野・得意な分野・興味のある分野のブログとそうでない分野のブログ

自分が好き・得意・興味ありの分野・・・C そうでない分野・・・D
あなたが今からチャレンジするブログの分野がここに該当するなら、今すぐにでも記事を書くことができます。
また、不明な点等があっても少しだけ調べたりするだけで情報を発信することができます。

つまり楽してスタートできる分野になります。

ここは簡単には手が出せませんし、いくらこの分野に儲かるテーマがあるとしても、優先的にここから始めようとは思わないかも知れません。
苦労するかも知れない、でも「稼げる」なら頑張ろうか、という分野です。
たとえば保険関係の情報を発信するブログにしようかとある人は(元保険会社の社員という経験から)考えたとします。でも、別の人は全く未知の世界の知識・情報になったりします。人それぞれです。
最初から、ここに手を出すか出さないか、いろんな考え方があると思います。

できれば、DではなくてCの分野からスタートできるのが一番です。最初のブログが軌道に乗ってから(余力があれば)、副収入のための仕掛けを増やしていく(報酬の高さから自分の未経験のDの分野にも取り組んでみようかな)という観点から取り組むというのであれば理解できます。

情報商材の場合に、ほめる・推薦するブログか批評・批判するブログか

これはブログ運営者の人間性的なところにも関係するかも知れませんが・・・

ほめる系のブログ・・・E 批評・批判系ブログ・・・F
立場的には、中立から「いいものは」ほめる・推薦するというスタンスでブログ記事を書く、ということです。 情報商材、斬り!とか批評とか、批判とか、詐欺とか、詐欺断罪とか・・・いろんな情報商材をネタにして批評・批判するタイプのブログです。
いろんな商材(ライバルの商材を含めて)を批判することで、意図する商材の購入へと導いていくタイプのブログ。

本サイトはE系です。実際に自分が購入したり、サービスを利用したりして、実体験からいいものだけをお薦めしています。
使ったことのないものとか、購入したこともないものについては紹介しないようにしています。
(単純にアフィリエイトのリンクだけを貼るというようなサイトではありません)

実は、このFのパターンでブログを運営されている方がだいぶいらっしゃいます。(ブログ記事にするのがそもそも情報商材メインですから、何らかの形で購入につながれば高報酬がもらえますからだと思います)

一つには、情報商材を批判・批評・斬ることでアクセスを集めて自分が推薦する商材の購入につなげるブログを運営すると儲かりますよ、という情報商材が登場してブーム的にかなり売れた時期があります。
たぶんその時に、その商材を購入して真似をした方々が大勢いらっしゃるのだと思います。

もう一つは、記事のネタに困らないのです。次から次へと情報商材は登場してきますから。

ただ、あくまでも私見ですが・・・個人的には懸念することが・・・あります。それは・・・

ブログのテーマ・キーワード選定時の注意点まとめ

まずはEとFについての考え方です。

ガイド案内

これっていいですよ、と推薦するのは特に問題はないと思いますが・・・
ダメ!ですとか、詐欺商材です!騙されないようにしてください!という内容の記事は、営業妨害の可能性もあるのではないか、ということです。

意図的に、自分たちの商材を推薦して売るために、ライバルの同じようなノウハウ・商材を批評・批判したり、断罪するような記事を投稿する人たちすら存在する可能性があります。それこそ、そういう人たちは詐欺的な商売をしているのと(ある意味)一緒ではないかと思えるのです。

本当に使ってみてダメだったというのであれば、まだマシですが・・・使ってもいないけど(記事のネタとして使うだけの、自分の推薦する高報酬の商材に導くために)他の商材を批判・批評したりするのはどうみても営業妨害だとしか思えないのです。

ラーメン屋さんの例をみてみましょう。

同じラーメンを食べても、美味しいと感じる人もいれば、う~ん今一歩かな、と感じる人も当然います。人の好みはそれぞれです。
美味しく感じなかった人がそのお店の前で道行く人に、「ここのお店のラーメンはまずいですよ。食べない方がいいですよ」と叫んだら・・・それって営業妨害になりますよね。

ただ、ネットの世界では口コミサイトなどに代表されるように利用者の声という形で口コミのランキングなどを当たり前のように見ることができるようになってはいますけど・・・確かに自分も宿泊施設やレストランなどは口コミの評価を元に利用する・しないを判断することはあります。

あと一つ例を挙げますね。
市販されている薬でも、効く人と効かない人がいます。当然ですね。ただ、国がその効果効能を認めて承認して市販されているものです。

その薬を飲んでも効かなかったと感じた人が、ネットや街中で、この薬は効かなかった、ダメですよ、飲んだらいけません!なんてネット上で大っぴらに言い出したら、そして反響があって製造メーカーにバレたら、たぶん営業妨害で訴えられるのではないでしょうか。

情報商材をネタにした記事(批評・批判など含めて)の場合には、実際に購入して試した人と購入しても、試してもいないのに記事にしている人はいくらでもいます。

そして、自分たちの商材を売るために(誘導するために)他の商材を批判する・批評する・こきおろす、というようなことをやっている人もいるはずです。場合によっては、そういった人たちがグレーな関係の人だったりもするかも知れません。

ガイド案内

人によっては、Fのタイプのブログ・サイトを運営している人たちの中にはグレーな関係の人たちもいるのでは、ということを感じているはずです。

私は、そういった人たちと一緒にされたくないので(実際に購入して試したけど・・・ボツ!だったような、本当に騙された商材であっても)、批評・批判したりするような記事は書きたくないのです。
失敗した商材でも記事にはしません。逆に、本当にいいもの・良かったものだけを紹介しているつもりです。

もし、個別に情報商材について相談したい、という時にはメールにてお問い合わせください。

あくまでも私見です。

【結論】
あなたのブログがAまたはBタイプで、かつCタイプのブログであれば一番です。やる気を持続する意味でも、早いタイミングで報酬を得るためにもいいと思います。

そして、まさにアフィリエイトする商品としてブログ内にて紹介する時は、Eタイプでお願いします。
(いいものを、推薦するという立場です。普通の人が口コミで星5つをつけるような感覚です)

さて、あと一つ、ブログのタイプとアドセンスのアカウント申請についてです。

アドセンスアカウントを申請する時の注意点

アドセンスの申請が簡単に通る人と通らない人がいると聞きます。またアカウントがOKになってもブログ内容によっては後から警告がくる場合もあると聞きます。

実際、アドセンスの審査には厳しいガイドラインがありますから遵守することが大切です。
一般人の私たちが法律的なものに疎くても以下のようなことについては、ダメですよね、と理解できるかと思います。

公序良俗に反する・・・当たり前ですね。
アダ○ト系・・・当たり前ですね。
批判系・・・たぶん情報商材を扱ったブログの一部はここに当たると思います。
(いくら言論の自由があるからと言っても、相手の権利もあるわけですから、営業妨害になるような可能性のある行動はどうかと思います)
反社会勢力・・・情報商材が高額での商品が多いことからグレーな人たちも参加してきているのではないか、と見られていると(個人的には)考えています。

ガイド案内

情報商材を扱うブログやサイトを運営するなら、アドセンスのアカウントは厳しいかも知れません。(あくまで私見です)
ですから、アドセンスを貼るブログと、情報商材などを斡旋紹介するブログとは使い分ける方がいいかと思います。

アドセンスのアカウントを申請するなら・・・Bのタイプのブログの方がいいのではないでしょうか。
Aでも可能性がないことはないと思いますが、結構ハードルは高いと思います。

これが、ブログの構成・方向性を考える、ということです。

私は、アドセンスを貼っているのはBタイプのブログです。
本ブログにはアドセンスは貼っていません。AタイプかつEタイプのブログになります。

最近、テレビのニュースなどで「コンプライアンス」という単語を聞いたことがありませんか。
コンプライアンス=法令遵守、という意味です。

銀行での取引開始などの時も、反社会勢力との関係はありません、という趣旨の念書にサインさせられるようにもなったりしました。
それだけグレーな世界の人たちとのつながりは、今やノーというのが当たり前の時代なのです。

芸能人やアスリートの人たちの覚醒剤などについての犯罪が大きく断罪されるようになったのも時代の流れですね。

先ほどのタイプでいうと、Fのブログを運営している人たちの中にはグレーな世界の人たちがいる可能性がある、ということが広く認識されるようになったりして、さらに、あまりにも社会への影響が大きくなったりしたら・・・ある日突然、Fタイプのブログが検索エンジンから締め出されるというようなこともあり得るのではと思ってしまいます。

神のみぞ知る、という世界です。