Amazon アソシエイト(アフィリエイト)のやり方、失敗しないためには!

アソシエイトはアマゾン版のアフィリエイトです。『アソシエイト』と呼ばれています。
仕組みは楽天アフィリエイトといっしょです。

楽天アフィリエイト・・・楽天の商品をアフィリエイトする。
アマゾンアソシエイト・・・アマゾンの商品をアフィリエイトする。

 

アフィリ王子
アマゾンアソシエイトの特徴やメリットはどんな感じですか?
確か・・・アマゾンのリンク経由で商品購入となった場合に発生する紹介料は・・・最大で10%だったと聞いていますが。

 

ネット王女
あと、どんなタイプの人だったら上手くいきそうですか?
何か注意事項みたいなものがありますか?

紹介料の10%は正しいですね。ただし『MAX』です。1万円の商品だと1,000円ですけど、その商品の率が10%かどうかは別問題です。それと・・・

ちゃんと調べて(取り組む予定の分野との兼ね合いを考慮して)スタートして欲しいですね。

秋田秀一イメージ画像
元銀行員で約31年間勤務のあと定年退職後にネット通販で起業しました。
⇒ 割引券を配布するだけで稼げる副業 を提案しています。WIN-WINになれたらうれしいですね。
秋田秀一

アソシエイトはアマゾン好きな人にはいいですけど・・・
大きく稼ごうとなったらなかなか厳しいかも知れません。

メインが『本』『書籍』だと金額自体が1,000円2,000円の世界になってしまいます。
(その数%が紹介料だとすると相当な数量の紹介をこなさないとまとまった金額への到達は難しくなります)

集客がガンガン期待できる人ならいいですが・・・本音ベースだとまとまった金額を稼ぐには大変かも知れません。まあ、お小遣い稼ぎという思いでのチャレンジならいい経験にはなるかと思います。

今回は以下の3つについてお伝えします。

・アソシエイトのやり方(登録と記事作成)
・アソシエイトのメリット、デメリット
・注意事項と失敗しないためには

あと・・・次の点は(この時点で)頭に入れておいてください。

■10%の商品は・・・アマゾンビデオ
■本・文房具・オフィス用品など・・・3%
■PC・ゲームソフト・カメラ・・・2%
1商品の紹介料は最高1,000円で打ち切り

冷静に考えると・・・1,500円の本を紹介して・・・45円です。モチベーション的にはどうでしょうか。
 

アソシエイトのやり方(参加の仕方と記事作成)

参加登録は無料ですから参入することのハードルは低いと言えます。もちろん『審査』がありますから紹介予定のサイト・ブログはそれなりに作り込んでおいた方がいいですね。

登録の仕方はAmazon のページ最下部にある『アソシエイト(アフィリエイト)』から手続きを進めてください。いちいちキャプチャ画面で説明するほどのことでもありませんね。

下のような画面手続きに従って進めるだけです。

 
アソシエイト登録のやり方

アソシエイトの審査に落ちるとしたら・・・対処法は?

アソシエイトの審査に落ちるとしたら・・・失敗しないためには

正直、世間ではグーグルのアドセンスよりも審査が厳しいという人もいます。正直、私の経験からの『体感』だとグーグルアドセンスの方がハードルは高いと感じています。

もちろん審査の時期が違いますし、審査側の状況や審査担当者の違いなどによってもブレはあるはずですからそこまで厳密にこだわる必要はないと思います。

もし審査に落ちたら・・・反省というか原因追求をして再トライするだけの話ですから。

POINTとしては以下の3点だと思います。(わたし流です)

■記事数は一桁でも構わないがある程度は多い方がいい。
⇒ なぜなら、どうせサイト・ブログを充実させていく方向であることは間違いないのだから。
■コピペなどは問題外。どれだけ『自分の個性』を出せるか、を意識すること。
⇒ 後々のブログの質、ドメインのパワーにつながるので最初から意識する方がいい。
■どう考えてもおかしな表現や字の間違いなど、常識として見直すことで防げるような間違いはしないこと。

私は、アドセンスは20記事~30記事を薦めています。アソシエイトはその半分でもいいかも知れません。

記事作成のやり方

記事作成のやり方

書籍だったら実際に読んでみた感想を素直に書けば、まさに個人の個性あふれる『書評』となりますから、十分に記事として通用すると思います。

ただし、それを検索エンジンが評価してくれて上位表示してくれるかどうかは、別問題です。実際、書評ブログを書いている人は山ほどいます。(確かめてみてください)

また、一つだけ記事作成において注意しておきますが・・・アマゾンに掲載されている商品概要・説明から商品の案内文を書こうとすると、通り一遍の説明になってしまいます。

実際には『その商品』を使ったことがないのに紹介するわけですから『力不足』になるのは当たり前ですね。となれば・・・普通の人がやっている『ありきたりの記事』と同じレベル、ということになります。

それだと検索エンジンの評価は自然と後順位になるのは当然のこととなります。あなたにしか書けない、という記事でないと評価されません。

後発組は大変なのです。先発組の真似はできないし、個性を出さなきゃいけない、のです。

まあ、何ごとも経験だと思って自分なりの書評や商品の評価・批評を書いてみてください。それでどのくらいの文字数が書けるのか、数日たってみた時(検証した時)に、どのくらいの訪問者がいるのか、を確認・チェックしてみてください。

それで『あぁ、アソシエイト(アフィリエイト)って、こんな感じなのか』とわかるだけでもいい経験だと思います。

あとは粛々と、そしてコツコツと記事づくりを続けるだけです。

アマゾンアソシエイトのメリットとデメリット

メリット ・アマゾンは元々の会員数が多いので訴えるチャンスは大。
・本好きなら書評ブログとして記事を積み上げることができる(趣味を兼ねての一石二鳥)
・楽天アフィリエイトよりは紹介料が高率。
デメリット ・(ゼロからスタートするなら)集客が大きな課題。
・最初からどんどん儲かる副業ではないのでモチベーションが続かないことがある。
・一般的な物販アフィリエイトよりは低い料率での紹介料となる。
・対象とする物販によってはアマゾンだけでなく楽天アフィリエイトの実践者もライバルとなる。

1,500円の本(紹介料45円)で
月に1万円稼ぐなら・・・223冊売れる必要あり!

1商品当たりの上限や紹介料引き出し時の金額の『しばり』など実際に手元にお金が入ってくるまではだいぶ先になったりすることも起こり得ます。

となると・・・やはりモチベーションの維持が大変になってきます。

アソシエイトで失敗しないためには・・・それと注意事項

アソシエイトは結構シビアです。なので・・・ちょっとしたお小遣い稼ぎの意識で気がついたら数万円になっていた、という感じで焦らない人の方が向いてます。そんなタイプの人だとコツコツやれるはずです。

ドンドン、バンバン稼げないといけない、と自分を追いつめるタイプの人だと金額的には不満足感を覚えて、他のアフィリエイトや副業に意識が向かうかも知れません。そうなると・・・あれこれ手を出してしまって逆に回り道をしてしまう、ということにもなる可能性があります。

ですから・・・

【ここの結論】
・少ない金額でもコツコツやれる焦らないタイプの人向きです。
・二兎を追う者は一兎をも得ず、に注意してください。
(ゼロからスタートさせる時には当てはまります)
・英語で発信して稼ごうという時には amazon.co.jp ではなくて amazon.com のアカウントが必要となったりします。

アソシエイトで失敗しないためのまとめ

アマゾンアソシエイトのやり方

通常のアフィリエイトと同じようにバンバン稼げるようになれる、短期間で○○万円稼いだ! といったようなことを期待すると期待はずれに終わってショックを受けることも予想されます。

元々アフィリエイトそのものが、じっくりとサイトやブログを育てていくことが求められるものです。ですから、コツコツと好きでやれる、といったようなタイプの人でないと厳しいかも知れません。
(成功するのが、という意味ではなくて続けることが、という意味です)

本格的なアフィリエイトにチャレンジするための予行練習的な体験学習として位置付けてもいいかも知れません。

【結論】
・アソシエイトは、気長にサイト・ブログを育てていくという意識で取り組むことがより大切。
・焦らずにじっくりと、しかも好きでコツコツ続けることのできるタイプにお薦めの副業。
・本格的にアフィリエイトをする前のお試し的な取り組みと位置付けるか、好きでライフワーク的に続けるくらいの思いでチャレンジすることが必要となる。

 

もう一つの注意事項・・・

私の失敗談というか、最近の状況からして当然の流れだったのですが・・・アカウントを停止させられました。

⇒ Amazonアソシエイト・プログラムのアカウント閉鎖のお知らせが届く

下図のような実績が何年も続いていたので(まあ他の商材をアフィリエイトする方向に注力していましたので、アマゾンの商品をまったく売り込んでいませんでしたから)、アカウント停止はやむを得ませんね。
 
アマゾンのアカウント停止

 

ここまで本当にありがとうございました。

 

スポンサードリンク