アフィリエイト初心者・ネットビジネス入門者が失敗しない・稼げないから卒業する・スタートダッシュのやり方【地の巻】/【天・地・人】元・銀行支店長がお教えします

ネットビジネス・アフィリエイト初心者・入門の入門です。
スタートダッシュするための【地の巻】/【天・地・人】をお届けします。

⇒ 天の巻はこちら

【天の巻】では宿題として『仮のテーマ・方向性・キーワード』を検討してみてください、というのをお願いしました。(まだ仮のテーマがおぼろげながらでも、イメージできていない人は【天の巻】を参考に、青写真を描いてみてください)

1日目の宿題にあった3つの関係を意識した『できあがり図』が固まりつつありますか?

3つの関係とは次のようなものです。

稼げそうな分野
高額報酬
自分の力量
好きなもの・得意なもの
これから勉強できそうな分野
需要が多そうな分野
お客さんが多そうな分野
FX・クレジットカード
結婚・出会い
中古車・・・
自分の熱意が続きそうな分野は? 悩みごと解決
お金・恋愛・ダイエット
ライバルは多い
プロ・セミプロ・法人も相手
どんな仮テーマ・方向性にしようか? ライバルは多い
プロ・セミプロ・法人も相手

いかがですか?

レッドオーシャンで勝負するとなると、本当に大変です。
ブルーオーシャンをいかにして見つけるか、ということも大切になってきます。

アフィリ王子
よーし、自分もアフィリエイトで稼いでやろう!と決意したらすぐに行動したくなるのが、普通の人です。
そして失敗したり、あれ、ちょっと違うかな、ということになったりするのも、普通の人です。
ネット王女
あなたはそんな人たちと同じであってはなりません。
最短コースで、最大の成果があがるように前進する必要があります。

何といっても貴重な人生です。一回きりなのです。

貴重な人生の時間を費やして『仕掛けづくり』をするわけですから、迷ったり、後退したり、やり直したり、といったことはできるだけ避けるようにしましょう。

最少の努力で最大の効果、最短コースでできるだけはやく成果獲得!

そうでないと(普通は)モチベーションが続きません。
そもそも、人は飽きっぽいものです。

成果=見返り=報酬=お金が入らないとモチベーションもダウンします。
やる気がなくなって、いつの間にか挫折・断念ということもつながりかねません。

【注意】
まだ、レンタルサーバーや独自ドメインは決めないでおいてください、とお願いしました。
まだ契約していませんね。

もう少しだけ時間をかけて検討してみましょう。

秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

あなたが競争するのは・・・ライバルサイトだけではありません!
人口知能AIとも勝負
しなければならないのです!

ここで面白い質問をさせてください。

あなたが、とある会社の面接官になったとします。
就職の面接に6人がやってきたとします

その時に・・・

評価のイメージ画像

あなたが人事部の面接官なら、誰を・どんな人物を評価しますか?

下の図をみてください。
あなたの前に評価して欲しい人材が6人やってきました。

人工知能検索エンジン評価のイメージ画像

ある質問をしてAさんから順番に答えてもらったとします。その時に・・・

Aさん・・・○○だと思います。
Bさん・・・Aさんと一緒です。
Cさん・・・Aさんと同じです。
Dさん、Eさん、Fさん・・・

これを『アフィリエイト』の世界に当てはめてみたいと思います。
こんな感じになります。

【ダイエットについての情報・記事だとします】

ネットの世界において、すでに情報・記事をアップしている人 サイトの情報や記事の内容 評価されるあなたの記事
Aさんの情報・記事 ダイエットは○○だと思います いちばんはやくネットに投稿!
Bさんの情報・記事 Aさんと一緒です 検索エンジンから評価されると思いますか?
Cさんの情報・記事 Aさんと同じです 評価される・されない?
Dさんの情報・記事 Bさんと一緒です 評価される・人まね?
Eさんの情報・記事 Cさんと同じです オリジナル? もしCさんの記事が先ならコピペ?
Fさんの情報・記事 Dさんと一緒です Dさんの記事より先でなければマネでアウト×!
あなたの、これからの情報・記事 もし、先にある情報・記事と同じような内容になったら・・・ 検索エンジンは、『真似』だと判断します
あなたより後発のライバルの情報・記事 これまでネット上になかった切り口で記事を投稿 あなたより後発なのに、上位にいく可能性があります

いかがですか。
評価する側が、あなた、だとした場合です。

秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

この評価する『神のような』存在が・・・人工知能AIです。

人工知能AIの発展・進化はとんでもないスピードです。検索エンジンも人工知能です!

人工知能AIイメージ画像

今さら言うまでもないことかも知れませんが、人工知能AIの進歩・進化は凄まじいスピードです。

最近のトピック的な話として・・・

駅の防犯カメラなどに映った容疑者を数日で見つけてきます。
ちょっと前に、渋谷のハロウィンで悪さをした若者が特定されていました。

あれは人工知能AIが探すから凄まじくはやいのです。

今や大企業の人事採用時の審査に人工知能が使われているといいます。
囲碁や将棋の世界でもすでに名人を人工知能が追い抜いています。

某ホテルのロビーでは、ロボットが受付係をしている時代です。
もうしばらくしたら、銀行の窓口係は、人工知能AI搭載のロボットになる時代がくると思います。

すでに人工知能は感情を持ち始めている、とも言われています。

ということは、ネット上にアップされた情報・記事をみて、
『あ、この記事は、Aさんの記事を真似て、しかも微妙にリライトして投稿しているよね。
ちょっと、あくどいね。圏外に落とすように×(バツ)評価だな』
という時代になる、というかすでになっているかも知れません。

それと忘れてならないのが、検索エンジンはお金をもたらせてくれる『広告主』のためにも働いています!

どういうことかわかりますか?

検索エンジンにとってのクライアントが(検索エンジン側に)お金を支払っています。
広告料を払って広告を出しているクライアントは、企業(個人も含まれます)などです。

ということは・・・

検索エンジンを利用して検索したけど・・・同じような情報・記事バッカリだねとなれば、検索エンジンを利用する人がいなくなります、離れていきます。

それだと『広告主であるクライアント』がお金を払ってくれなくなります。

ですから・・・検索エンジン=人工知能は、同じような記事ばかりではなくて、違った意見や違った立場の人からの情報・記事も評価して、上位に表示するようになっているのです。

検索エンジン=人工知能AIは
Aさんは○○○というけど、私は×××だと思います、という違った意見、通常のありふれたものではなくて特色ある情報、などがあるサイト・ブログなどを評価して表示するのは、自然なことなんだと理解してください。

記事を作成する時の、サイト・ブログを運営する時のコツというか、最大のポイントは・・・

他の人の真似ではなくて、オリジナルだね、独自色が強いね、この意見・情報・記事はぜひいろんな人に見てもらいたいよね、と人工知能AIに判断されるようにすることが極めて大切です。

秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

あなたにしか書けないあなたの個性が強く出た記事を書く、
そんなサイトづくりを目指す

ということを徹底してください!

今さら人と同じことを言っていてはダメ、なのです。

※上位評価されているサイト・ブログのやり方・キーワードの選定といったものを参考にするのがダメ、といっているわけではありません。(勘違いしないようにしてください)

現実社会において、特に会社組織などにおいては・・・(人間関係で)
『出る杭は打たれる』というのがあります。

でも、ネット上の『記事作成』においては、『飛び出る』くらいの独自色を出してください。

これまた『炎上するような、反発を買うような』記事づくりをしなさい、というわけではありません。

いい意味での『飛び出る』ということです。

『切れ味鋭いナイフ』のようなブログであったり、
『とんでもなく個性が尖っているようなブログ』であったり、
記事・内容の個性が今一つなら・・・『あなた自身が強烈に個性的である』という立ち位置だったりすることが本当に重要です!

いかがですか。
何となく理解できましたでしょうか。

今からアフィリエイトの世界に踏み出すあなたは、間違いなく『 後発組 』です。
選択するテーマ・キーワードにおいて、先発組と同じようなことをしていても、検索エンジンは評価してくれません。

次は、今からアフィリエイトの世界に旅立とう、というあなたにはちょっと酷な話かも知れませんが・・・
良かったら少しだけ耳を傾けてください。

こんな事例もあったのがアフィリエイトの世界【その1】

これは間接情報です。私が直接に本人から聞いたわけではありません。

あくまでもネット上にあった本人のブログ記事に掲載されていた話の概略です。
(裏付けが取れているわけではありませんので、実話か架空のフィクションかもわかりません)

あるアフィリエイターの話
(自称)毎月400万円くらい稼ぐ、複数サイトを運営しているアフィリエイターが・・・新しいブログを立ちあげることにしました。

方向性・テーマはキャッシングとかカードローンなどの信用系です。
(高額報酬が期待できる分野です)

毎日記事を書き続けて、1年間で約900記事投稿(凄いですね900記事です)
1日当たり平均2.5記事です。

それなのに・・・

1年後、あまり稼げなかったと、ということで失敗に終わった、という内容の体験談が掲載されていました。

この場合の『あまり稼げなかった』というレベル・水準がどのくらいを予定・予想・期待していたのか不明ですが、プロのようなアフィリエイターでも努力の割りにはリターンがなかったと、しかも900記事も投稿したのに、ということが起こり得るのもアフィリエイトの世界です。

テーマが予想以上に、レッドオーシャンだったのかも知れませんね。

こんな事例もあったのがアフィリエイトの世界【その2】

※これまた間接情報です。本人のサイトの体験記から概要をご案内します。

あるアフィリエイターの話

地道にコツコツとアフィリエイトしていました。
1年くらいして毎月約30~40万円くらい稼げるようになりました。

やがて・・・サラリーマンを辞めて、アフィリエイターとして専業的に取り組むことになります。
多い時は、約100万円の報酬があったとのことです。

このアフィリエイターが手掛けたサイト・ブログの数は・・・

大規模サイト(記事数100記事以上)・・・約10サイト
中規模サイト(記事数50~100記事)・・・約50サイト
小規模サイト(記事数~50記事)・・・約350サイト

ハンパない数のサイトを運営しています。
これだけのことをして毎月40万円、50万円という世界です。

秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

しかし、突然のルール変更が!

検索エンジンのグーグルは絶えずアルゴリズムの見直しを行っています。
一説には、年間に約200回くらい行われているのでは、とも言われています。

さて、小さなアルゴリズムの変動はまあいいとしても、ペンギンアップデート、パンダアップデートといった大きな変動で順位が大きく変動したアフィリエイターの方々がいらっしゃいました。

実は、そんな変動において『健康関連』の変動があって大きな影響・大きな痛手を受けた人たちがいるのです。
それは・・・

薬事法が改正されて薬機法となりましたが、薬としての効果・効能が日本国から認められている『医薬品』と違って、健康食品、健康サプリ、といったものは本来は『効果・効能』を声高らかにうたうことはできないのです。

テレビショッピングでも健康食品・健康サプリの商品が(特に毎朝、はやい時間帯に)登場しています。
よく目にするのが、『個人の感想です』という表現ですね。

『最近、疲れなくなった』とか
『身体の調子がいいですね。もう手放せません』といったようなコメントが飛び出します。

薬でもないので『効果・効能』を表現できないことから、苦肉の策として愛用者・愛飲者に個人感想として言わせているような形です。

そんな医薬品・健康食品・健康サプリといった微妙な『境い目』のところに位置していたサイト・ブログは、検索エンジンのルールが変わったことで大きな影響を受けることになりました。

医療・健康関連のサイト・ブログが検索エンジンの変動でランクダウン!
このアフィリエイターのメインは、健康関連サイトだったのです!

この影響をモロに受けた本ケースのアフィリエイターは、月収が10万円くらいになったそうです。

とてもじゃないけど、アフィリエイト専業なのにアフィリエイトだけでは食べていけない、ということになったらしいです。

ルール変更、方針変更、アルゴリズム変動といったリスクにさらされる危険があるのもアフィリエイトの世界です。
そのリスクは十分に認識した上でアフィリエイトにチャレンジすることが大切ですね。

医療・健康といった分野は避けた方が無難かも知れません。
健康食品メーカーや、健康食品関連の商品を扱っているサイトや会社に対して、『薬機法』についてコンサルしている会社も存在しています。

それだけ『表現』が難しくなっているのだと思います。
となれば・・・

医療・健康関連については、素人は手を出さないことをお薦めします。

こんな事例もあったのがアフィリエイト(アドセンス)の世界【その3】

これは、私の実体験です。

ある、おバカなアフィリエイターの話
昔、アドセンスコードを、むやみやたらと『ペラサイト』『ペラページ』に貼りまくって・・・
ついには、アカウントを停止されたことがあります。

実は、まずは『規定違反ですよ。補正してください』と警告がきました。
でも、あまりにたくさんのサイト、たくさんのページに貼りすぎて・・・すべての補正ができませんでした。

そしたら・・・

ある日突然、『アカウント』停止、となりました。
もちろんそれまで稼いでいた報酬も消えてなくなりました。

まあ、極端な話・・・(自分はアイデアものだと思ったのですけど)

サイト内でおみくじを引いてもらって、

大吉・・・おめでとうございます。⇒ 実は、これだけのコンテンツで1ページです。
中吉・・・○○に注意してください。
中吉・・・○○するといいことがあるのでは。
・・・・・
小吉・・・○×で頑張れば道が開ける。
凶・・・・気分転換に○○しよう!

こんな感じでわずか1行のコンテンツで稼ごうと(とんでもないことを)考えていたのです。

みごとに『停止』となりました。
あなたは絶対にやらないでくださいね。

これには、後日談がありまして・・・私は、実名で(同じ名前で)復活できました。
再度、申請してOKもらって(今は真面目にやって)、毎月アドセンス収入をいただいています。

メデタシ、メデタシ、です。

アドセンス復活のイメージ画像

あなたが競争する相手は3人! ライバルサイト、検索エンジン、そして自分自身!

アフィリエイトの世界は、競争・競合において『エンド』はありません。

前にも言いましたが『絶対評価』ではなくて『相対評価』です。
ライバルが自分よりも1ポイントでも高ければ、順位は上に行くのです。

そして検索順位の結果、1位と2位とではクリック率に大きな差が出てしまう、というシビアな世界がアフィリエイトの世界なのです。
(良かったら過去記事参照ください)

⇒ 検索結果順位1位と2位の違い

では、3人の敵というか意識すべき相手についてみていきたいと思います。

ライバルサイト 特定のキーワードで上位表示を狙っているなら・・・
そのキーワードで上位表示されているライバルサイトについては、ページの構成・キーワード・見出しタイトル等々について時間をみつけて研究すべきです。
ライバルサイトよりもユーザビリティに徹した、質の高いコンテンツを提供できれば、ライバルよりも評価される可能性が高くなることは言うまでもありません。
検索エンジン 検索エンジンに好まれる『テンプレート』というのはお金を出すことで手に入れることができます。
あとは、検索エンジンに嫌われないようにする、ということを意識するだけでも十分に順位を上げることもできるのです。※
自分自身 自分自身との闘いとなると、やる気・モチベーション・さぼり癖・問題先延ばしといったキーワードをどこまで意識して、毎日毎日、コツコツと記事投稿を続けることができるか、という闘いです。

※具体的に『検索エンジンに嫌われないようにするには』といったようなことは、また機会をとらえてご案内していきたいと思っています。

アフィリエイトで成功するためのコツの一つは、記事投稿を続けること! 目指せ、3,000文字で300記事!

これだけ書いたら絶対に成功する、という黄金律(ゴールデンルール)はありません。

でも、成功した人はそれなりに『質と量』の両方をクリアというか、ちゃんとこなしているというのが実際のところだと思います。

もちろん、40記事、50記事で上位に表示されて、100記事ないのに『ビッグキーワード』で1位になった、というブログを見たことがあります。

それからずっとそのブログは1位をキープしていらっしゃいます。

もっともそのブログはSEOを売りにしている会社のブログです。
検索エンジンに対策を、お金をもらってやっている会社のブログそのものが上位表示されないようなら、信用問題ですから、当然といえば当然なのかも知れませんが。

まあ、いずれにしても3,000文字で300記事、を一つの目安としてチャレンジしてみてください。
1年間に900記事作成したというアフィリエイターの話をしました。

結果がついてこない場合すらあり得ます。
でも、やってみないとわかりません。

あとは、自分を信じて『続ける』しかないのです。
どうぞ信じ続けてください。

記事投稿する1ページ1ページのパワーを高めるような記事を書いて、それを積み上げることでドメイン全体のパワーを高めることが、ランクイン・上位表示・集客・ひいては報酬につながる!

繰り返します。

1ページ1ページの、
キーワード(あるいは組み合わせたキーワード)一つひとつの『パワー』を高める記事作成、を追求することで
全体のドメインのパワーアップにつなげて、集客・報酬獲得・報酬アップを果たす、ということを目指してください。

※『パワーを高める』とは、検索エンジンからみて評価される、ということです。

実は、このやり方というかノウハウというか、実践することでうれしいことも起こり得ます。
それは・・・

高額報酬が期待できるテーマ・キーワードとしてキャッシング・クレジットカード・カードローンといったものがある、という話と、ライバルが多くて強力だからレッドオーシャンだ、という話もしました。

これは、
なにもキャッシング、クレジットカード、カードローンなどがハードルが高いから、絶対にダメ、というのではありません。

たとえば・・・あなたが・・・
社会人のマナーについてのブログを開設したけど、その社会人の心構え的な話の一つとして、お金についての話の中で、クレジットカードやキャッシングの話をしても構わないのです。

逆に、その1ページが評価されたら・・・
専門的にクレジットカードについての情報を発信しているサイト・ブログのライバルの順位争いの中で、あなたの『その1ページが上位に評価される』かもわからないからです。

また、その評価された1ページにクレジットカードやキャッシングなどの高額商品を紹介するアフィリエイトを行っておけば、あなたに高額報酬が入る可能性もあるのです。

ですから、1ページ・1ページの『質』を高めて『パワー』をつけることをぜひ意識して、記事作成してください。

秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

1ページ1ページの質を高める・・・
それが全体のドメインのパワーを引き上げるコツ!
ドメイン全体のパワーがつけば、
低評価だった記事も上位に表示されやすくなる!

では、【地の巻】の最後に宿題を一つ用意したいと思います。
もちろん、やる・やらないも自由です。

その前に、まさか・・・

【注意】
余計なことかも知れませんが(以前も確認させていただきましたが)、
まだレンタルサーバーや独自ドメインは決めないでいる状態で間違いありませんね。

仮のテーマ・方向性・キーワード、を固めるのが先ですから。

宿題はそのキーワードを使っての実践です。

【地の巻】の宿題

実際に1,000文字程度の記事を作成してみませんか?
(時間も計測しておくといいですよ)

ツールは何でも構いません。
いちばんは、テキストエディタが軽快に動きますし、文字数を数えてくれる機能もついていますからお薦めです。
(これを機会にテキストエディタを1つインストールしてみてはいかがでしょうか)

ちなみに私は2つとも愛用しています。

⇒ クレセントイブ
⇒ テラパッド(テラパッドは標準で、文字数をカウントする機能がついていないので自分であとからつけてください)

⇒ テラパッドに文字数カウント機能をつける方法

もちろんワープロソフトでも大丈夫です。

【お題】とやり方

さあ、仮のテーマ・方向性・キーワードに戻ります。

あなた自身、だいぶ固まってきていますか?
まだ固まっていないというなら、もう少しASPを見たり、自分の得意・好き・これから勉強できるものか、予想されるライバルサイト、競合ページ数、検索予想数・・・などを(もう一度)振り返って思考してみてください。

最終的には『あなたの皮膚感覚』で決めても大丈夫です。

自分が選ぶテーマ・キーワードでこれから記事を書いていけるか?
高額報酬が期待できるのはライバルが多い。そこを目指すか?
人の悩み解決や商品名・マーケットの大きさなどいろいろと考えてみたか?
自分なりに、ある程度、ネタが続きそうか?
選ぶ予定のテーマ・キーワードでいろいろと発想をふくらませることができそうか?

では、そろそろ『仮のテーマ』、または『仮の仮のテーマ』でも構いません。
少しだけやってみたいと思います。

テーマ、キーワードから、『2つのキーワード』を設定してください。
まったく関係のないキーワードではありません。

複合キーワードとして『検索の時に使われるようなキーワード』です。

『にきび + 原因』『にきび + 背中』『にきび + 治す方法』『にきび + 洗顔』とか
『犬 + しつけ』『犬 + 病気』『犬 + 訓練』とか
『恋愛 + 復縁』『浮気 + 調査』『結婚 + 相性』『ヨガ + やり方』とか
『ダイエット + 危険』『ダイエット + 運動』
『ジョギング + けが』『ウォーキング + やり方』など。

あなたが決めつつある仮のテーマ、キーワードから2つの単語を選びだしてください。

決まりましたか?(それでは紙と鉛筆、またはパソコンと、エディタまたはソフトを起動させてください)

では、それを問題文に入れて次のような『試験問題』を自分で作成してください。
そして、自分で解答してみてください。

2つのキーワード(○○○と○○○)を使って1,000文字の作文をつくりなさい。

いかがですか。解答できそうですか。

考え方を以下に示しました。どのパターンでも構いません。
実際に1,000文字を作文するのは大変だ、という方はタイトルと見出しだけでも結構です。

ぜひ、チャレンジしてみてください。(答え合わせまで行います)

作文の仕方【1】序・本・結のパターンで作成する

序論、本論、結論、というパターンです。

ここにタイトルを入れます(文字数はお任せします)

後で答え合わせをします。

序論の見出し(文字数はお任せします)
本論の見出し(文字数はお任せします)
結論の見出し(文字数はお任せします)

もちろん実際に見出しの下に本文を書いていっても構いません。

できましたか?

どうも書きにくいかな、という人は次の4つに分けるパターンで考えてみてください。

作文の仕方【2】起・承・転・結のパターンで作成する

ここにタイトルを入れます(文字数はお任せします)
起の見出し(文字数はお任せします)
承の見出し(文字数はお任せします)
転の見出し(文字数はお任せします)
結の見出し(文字数はお任せします)

【1】のパターンと【2】のパターン、どっちが書きやすいですか。
書きやすい方が、あなたの『個性』です。

では、書きやすかった方を、よりブログ的に、SEO的に、読者が離脱しないように構成を編集してみます。

結論を前に持ってくる! なぜなら、離脱されるのを防ぐため

ネットで調べものをしている人は、暇(ひま)人ではありません。
求めている、探しているものが『ない』と判断したら、すぐに違うサイトに行ってしまうのがネットで探しものをする人なのです。

ですから、実践では、結論を先に持ってきた方がいいのです。

では、次のように並び替えてください。

ここにタイトルを入れます(文字数はお任せします)
結論の見出し(文字数はお任せします)
序論の見出し(文字数はお任せします)
本論の見出し(文字数はお任せします)

または

の見出し(文字数はお任せします)
起の見出し(文字数はお任せします)
承の見出し(文字数はお任せします)
転の見出し(文字数はお任せします)

何となく、イメージできましたか?

さあ、それではラストです。
完全に卒業論文を提出したり、仕事上の課題・レポートを提出するような感じで『仕上げて』いきます。

まさに記事投稿という感じの作業です。

完成形のパターン(毎回このパターンでなくてもいいですが、自分のオリジナルとして自分なりのパターンを構築してださい!)

ここにタイトルを入れます(文字数はお任せします)
出だしの部分・・・場合によっては、検索エンジンは上記タイトルと、この出だしの部分を検索結果に表示します。

ここに(意図的に)少なくとも、選んだ2つのキーワードを使った文章を入れ込みます!
(なぜなら、検索エンジンがここの文章を読み取る可能性があるからです)

結論・結の見出し(文字数はお任せします)

ここまでが、【目次】の前に部分に(サイトの最上部に)入ってくる部分になります。

もし、読者がここまでしか読まなくても、結論までは入手できるようにしてあげるのです。

次は、ここに目次がきて・・・あとは

序論(または起)の見出し(文字数はお任せします)
本論(または承)の見出し(文字数はお任せします)
起承転結のパターンの時は転の見出し(文字数はお任せします)

そして、最後に(繰り返すような形で)

まとめ(文字数はお任せします)を持ってきます

いかがでしたか?
何となくイメージできましたか?

それでは、答え合わせをします(手元にあなたなりの解答を用意してパソコンかスマホを用意してください)

答え合わせです。

記事投稿のパターンのイメージ画像

あなたは、自分なりに『これなら、複合キーワードで検索した人にも喜んでもらえるタイトル・内容だろう』という認識のもと、タイトルや見出しを決めたと思います。

でも、検索エンジンが評価するキーワードの使い方、タイトルのつけ方、などは別次元なんだ、と認識してください。

検索エンジンが評価する、タイトル・見出しのつけ方、キーワードの使い方、をチェックしてください。

ズバリ、こういったライバルたちとの競合が続いていく、というのがアフィリエイトの世界です。
ぜひ、以下のようなポイントを意識して検索順位上位のサイト・ブログをチェックしてください。

秋田秀一イメージ画像
サイト運営者
秋田秀一

見本・参考にして
同じようなことをして、さらに自分の個性をプラスすれば
1つのページ単位では競争していける、ということになります。

タイトルの長さ(文字数)は?
タイトルのどこにキーワードが入っているか?
今回の2つのキーワードがどんな感じで入っているか?

画像がどんな感じで使われているか?・・・
流し読みをした時には、画像に目がいく自分に気づいているか?
1ページに何枚くらいの画像が使われているか?

結論、本論、序論(結、起、承、転)の流れや構成がどうなっているか?
運営者の個性が感じられるか?
だいたいの感じで、文字数はどのくらいになっているか?

※先にご紹介したテキストエディタ・クレセントイブを使うと(少し面倒ですが)調べることができます。
チェックしたいページで右クリック、『ページのソースを表示』で全部を選択してコピー。
(すべてのページができるわけではありませんが)
そのまま、起動したクレセントイブにコピペ。
今度は、クレセントイブで全選択、『ツール』『文字数をカウント』で、全角文字数を参考にします。

見出しの長さ(文字数)はどんな感じか?
見出しの中のキーワードはどんな感じで使われているか?

結論的な、『まとめ』的なコメントは、どこに入っているか?
【重要】記事のタイトルや見出し(キーワード)と呼応する形で、結論が述べられているか?
(たとえば、『アフィリエイト+稼げる』だったら、結論的なまとめの中に、『アフィリエイトは稼げる』的なコメントがちゃんとあるか!など)

※画像については
アイキャッチ画像を含めて、どこに画像を入れているかチェックしてください。
画像があると、つい自然にそこに目がいきます。

その前後を無意識に読んでしまうのが、普通の人です。
流し読みをしていても画像には目がいきます。

ということは、読ませたい文章の近くには画像を置けばいい、ということになります。

キーワード(特に複合キーワード)を意識したページづくりは、こんな感じで『意識しながら』やっていけば、十分にライバルたちと競争できます。

一つひとつのページにパワーがついて、それが積み重なってサイト・ブログ全体のドメインのパワーがつけば、パワーのないページも評価されて上位表示されるようにもなります。

ドメインパワーというものです。
そのレベルにまで到達したいものです。

【地の巻】まとめ

宿題はこなせましたか?

ちょっと大変かも知れませんが、ライバルたちは記事を書く時にすでに(意識して・無意識的に)キーワードを混ぜた文章を書けるようになっているのです。

さらに、定期・不定期に見直し・チェックまで行っていると思っておいてください。

試合の後に、反省会をして、また練習をするような人たちがいるのです。
(一流のアスリートもそんな感じだと耳にしますね)

【注意】
余計なことかも知れませんが、まだレンタルサーバーや独自ドメインは決めないでおいてください。
というお願いは・・・まだですよね。

ここまでやってみて・・・

いよいよ、仮テーマ(方向性)から、本テーマを決めてスタートできるような気がしてきましたか?

・ワクワクしてきて、はやく『やりたい』という人は、自分なりのテーマ・方向性を固めて、次のステップに踏みだしましょう。
・商品やサービスを紹介して、アフィリエイトで稼ぐというよりも、そこまで考えずに記事投稿で集客して
アドセンスで稼ごうかな、という人もそれでOKです。
・両立しながら1つのブログで進めていこうかな、というのを前提に次のステップをご案内します。
(いよいよスタートです)

【追伸・1】

自分が選択したテーマ・キーワードと同じ土俵で戦うライバルたちのサイト・ブログは、先発組としてあなたより先に稼いでいる人たちのサイト・ブログです。

時々は、『敵を知り、己を知り』の観点からチェックすることをしてください。
眺めるだけでも感じるものがあるかと思います。

実社会でも・・・
工場見学、会社見学、実際にどんなことをやっているのか、ということを目で・耳で・身体で・皮膚感覚で実感することは非常に大事です。

それによって、さらにモチベーションがアップしたりします。
逆に、不安になったり、といろいろとあるかも知れません。

でも、それでいいのです。
そこからどう感じるか、どう判断するか、です。

ここまでいかがでしたか。
【天・地・人】はいよいよ次が最終ステップです。

【人の巻】は、少し精神的な話も入ってきますが、あなたの人生創造の、再創造のきっかけだ、と思ってお目通しいただけましたらうれしいです。

ここまで本当にありがとうございました。

【追伸・2】
ここまでいろいろと思考して、大変だな、モチベーションが続くだろうか、と感じた方はその皮膚感覚を大事にしてください。(一度きりの、自分自身の人生ですから)

ただ、せっかく『資産』をつくろうと、しかも『いずれは、ほったらかで稼げるようになる資産』をと考えたあなたです。
できればそのまま前進してください。

万が一、アドセンスやアフィリエイトで挫折しても、ネットの外にも『財布(副収入)の入口』をつくることのできるものを含めて合計5つの財布の入口づくりを目指す副業講座を主宰しています。
興味のある方はどうぞお待ちいたしております。

⇒ 副業講座