投稿用の画像サイズのお薦めは? 画像ダウンロードサイトのお薦めは?【付録】90秒での画像加工のやり方・最新版!

秋田です。

ブログ記事に画像を入れ込むことは読者を引き付けて画像の前後を読んでもらうことと、それで滞在時間が長くなることで検エンジンの SEO としても有効な手段になります。

ただ、スマホ画面の大型化やワードプレステーマ・テンプレートの進化などで画像も大きなものが使われるようになってきています。

画像サイズとともに画像の容量(重さ)も読み込みのスピードや検索エンジンの評価から、意識しておかなければならない点もあります。(今後の 5G の進展でまたどうなるのか影響があるかも知れませんが)

さて、正直なところ私は以前はブログ内の画像のサイズは400×300ピクセルに統一していました。
それが・・・
[br num=”1″]

矢印イメージ画像

今では・・・

【今の私の画像サイズは?】
・アイキャッチ画像・・・・・750×470ピクセル
・記事内に入れ込む画像・・・640×400ピクセル で作成しています。

[br num=”1″]
いつも使用している賢威というテンプレートでも、別のSANGOというテンプレートでも上記のサイズを共通のサイズと自分で決めて投稿しています。

今回の記事は

・750×470ピクセル、640×400ピクセルを画像サイズに統一している理由。
・お薦めの画像ダウンロードサイト
・90秒での画像加工処理のやり方・ニューバージョン(ただしツールが必要です)

について解説します。

※90秒での画像加工処理は再掲になります。(以前の記事はこちら ⇒ 前回の画像加工処理についての記事
ただし、今回のやり方そのものは自分なりに進化したバージョンになります。

[br num=”1″]

スポンサードリンク



目次

理想の画像サイズとは? 1:1.6(5:8)の黄金比?!

黄金比

黄金比というキーワードを耳にしたことはありませんか?
デザインを勉強している人には常識となっていると思いますが、普通の人だと初耳かも知れませんね。

※正確には1:(1+√5)/2 で、近似値が1:1.618です。

自然界にもたくさん存在しています。(ぜひ、画像検索してみてください。イメージがつかめると思います)
[char no=”3″ char=”秋田秀一”]パルテノン神殿、ミロのヴィーナス、ピラミッド、モナリザ(レオナルド・ダ・ヴィンチ)なども黄金比でつくられていると言われています。

他にも身の回りにある名刺やクレジットカードなども黄金比をデザイン・サイズに取り入れているとのことです。[/char]

【ここでの結論】
・人が自然に(無意識に)美しいと感じてしまう画像は、1:1.6(黄金比)
・400px(ピクセル)の1.6倍は・・・640px
・750pxを1.6で割ると・・・468.75・・・470pxにして画像を加工!
もっとシビアに計算して750:465px でもいいかも知れません

[br num=”1″]
[char no=”3″ char=”秋田秀一”]私が黄金比を意識した画像サイズにしているのは・・・なぜだかお分かりいただけたと思います。
あれこれ悩む必要がないのが最大のメリットなのです。

実は・・・
今やテンプレートの性能が上がって自動的に最適なサイズに拡大・縮小してくれる機能が備わっています。ということは・・・[/char]

画像サイズの横と高さを黄金比で作成しておけば・・・自動的に最も美しいバランスで表示される、ことになるのではとの思いがあります。

お薦めの画像ダウンロードサイト

画像ダウンロードサイト

以前、「ぱくたそ」という無料画像ダウンロードサイトをご紹介しました。

ちまたにあふれるブログやコーポレートサイト(企業のサイト)などでも割りと使われていることに気づきます。
他にも無料のダウンロードサイトはありますので検索してみても楽しいかと思います。

ただしフリーのダウンロードサイトの要注意点

(老婆心から)怪しいサイトは止めましょう!
■ いくらフリーだと言っても・・・そのサイト運営者が勝手にネットから画像を集めてきているサイトだと、当然に著作権・肖像権のトラブルに巻き込まれる可能性があります。
■ また、最近の検索エンジン・人工知能AIの能力は凄いものがあります。
他人に著作権がある画像を勝手にコピペした記事・ブログだと認識されたら・・・悲惨です。

そのリスクを回避したいことから、私は有料の画像ダウンロードサイトを利用しています。
ただ、そのサイトは無料でのダウンロードもできますので試してみてもいいかと思います。

無料から ⇒ 有料という画像ダウンロードサイトをご案内します。

ズバリ・・・無料写真素材 写真AC というサイトです。

無料会員と有料(プレミアム)会員との違いは次のとおりです。

無料会員 有料(プレミアム)会員
・ダウンロード1つ待ち時間15秒
・1日9点まで
・一つずつダウンロード
・待ち時間なし
・ダウンロード数無制限
・まとめてダウンロード可
・プレミアム素材無料配布あり
・姉妹サイト(イラスト等)も使い放題

写真だけでなく(姉妹サイトの)イラストも充実しています。(年賀状などで使えるものも揃っています)

⇒ 無料写真素材なら【写真AC】
⇒ 無料イラストなら【イラストAC】

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]私はこのサイトの会員になっています。
(繰り返しますが)フリー画像等での著作権・肖像権のトラブル回避のためです。[/char]

利用月額約千円、年間約1万2千円です。(2年プラン・3年プランは割引あり)

海外のお薦めサイト(会費が割と高額です)

ズバリ、有料のサイトで内容が充実しているのがこちらです。

⇒ シャッターストック

イラスト(ベクター画像)が私好みのものが揃っています。
残念ながら・・・毎月の利用料が高いので会員にはなっていません。

※毎月ダウンロードできる画像の点数によって月額が異なっています。
10点、50点、350点、750点のコースがあります。
毎月50点でも月額12,500円、画像350点でも月額22,000円です。(750点コースは月額25,000円)

毎月アフィリエイトでの稼ぎが潤沢にある人なら会員になってもいいかと思います。
先行投資するにはちょっと躊躇する金額体系です。

90秒での画像加工処理のやり方(ただしツールが必要です)【準備編】

ツール(画像加工処理ソフト)についてはウェブアートデザイナーが必要です。
⇒ ウェブアートデザイナーを入手する方法(ただし令和元年9月現在、3,000円かかります)

画像加工処理

90秒での加工処理の準備

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]

  • WP(ワードプレス)の記事投稿画面を開いておく。・・・【1】
  • ウェブアートデザイナー(画像加工処理ソフト)を立ち上げておく。・・・【2】
    ウェブアートデザイナーのイメージ画像
  • ウェブアートデザイナーのキャンバス画面の大きさは、640×400pxにしておく・・・※【3】
  • 画像編集する『画像』はダウンロードして(クリップボードに)『コピー』した段階でスタンバイ。・・・【4】

[/char]

ウェブアートデザイナーのキャンバスの大きさを変更しておく。自分が欲しい画像サイズにセッティング!

【1】と【2】は大丈夫ですね。
パソコン上でソフトを立ち上げておくだけです。

【3】についてのやり方(準備)です。

[char no=”1″ char=”アフィリ王子”]まずはウェブアートデザイナーを立ち上げて『キャンパスの新規作成』を選択すると下図のような画面が表示されます。

ソフトにセッティングされている基本サイズが、640×480pxです。(4:3になっています)

実は、昔はこの比率での画像が標準形に近い時期がありました。
みんながこのサイズを使う、という感じでした。[/char]
繰り返しますが「黄金比」という発想から私は640×400pxにしています。

逆にいうと・・・画像サイズにこだわって、あれこれ『迷う』よりは、自分はこれだ!という『決め打ち』的なやり方を押し通せばそれでいいかと思います。

(繰り返します)私の場合は、黄金比にこだわる、ということだけを意識しています。

新規キャンバスの設定

【基本の『新規キャンパス』は640×480px】

画像加工処理ソフトウェブアートデザイナーのイメージ画像
[br num=”1″]
『新規キャンパス』を立ち上げる手と『無題のキャンパス』として上のスタート画面になります。

ここから、『編集』⇒ 『キャンバスの設定』を選択します。
すると、次のような設定画面になりますので、480⇒400に変更しておきます。
[br num=”1″]
90秒で画像加工する方法のイメージ画像

基本的な画像の切り取り方

画像切り取りの2つのパターンイメージ画像
実は、習うより慣れろ、の方が皮膚感覚でマスターできます。

要は・・・
①キャンバスよりも大きい画像は、最大キャンバスサイズ(この場合640×400px)で切り取りができる。
(キャンバスの外側を、大胆に(だいたいラフな感じで)指定すれば、ちゃんと640×400サイズになる)
②キャンバス内で、自分で小さなサイズを『範囲指定』することもできる。(300×250px など)
※②のやり方をするなら、もともとのキャンバスのサイズは、640×400にこだわる必要はありません。

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]私の場合はワンタッチで640×400pxに切り取りたいために、あらかじめキャンバスを設定しているというやり方です。[/char]

90秒でできる画像加工とブログ投稿までのやり方!【実践編】

元々の画像をコピペできる状態にしておきます。

私は写真ACからダウンロードしていますが『わざと』大き目の画像サイズを選択しています。
それを640×400サイズよりも(少し)大きい700~800pxサイズに適宜変更して元画像として使う、という形です。

まずはキャンバスへの写真(元画像)の貼り付け・・・貼り付けとサイズ調整まで約20秒

90秒で画像加工できる方法のイメージ画像
元々の写真画像は 1920×1280px サイズありました。
それを写真画像を縮小してキャンバスに貼り付けます。

※640×4400pxよりも少し大きめです。
サイズの変更は元画像のどのへんを切り取るか、をイメージして(お好みで)縮小します。

写真画像の切り抜きと保存・・・切り抜きと画像保存まで約30秒

90秒で画像加工と投稿のイメージ画像
キャンバスの外側で範囲指定をしたら、ダブルクリックして切り抜きます。
[br num=”1″]
90秒で画像加工できる方法のイメージ画像
これで作成したい640×400pxサイズの画像が完成しましたので、これを保存します。

私はブログ投稿用の画像専用のフォルダを用意して、そこに保存しています。

保存する時にちょっとした『わたし流』のやり方をご案内します。

■ そのまま切り抜きされた(画像がズレた)ままで、ウェブアートデザイナーの『ファイル』 ⇒ 『Web用保存ウィザード』を選択します。
■ 『次へ』 ⇒ 『JPEG』を選択して ⇒ 『次へ』 ⇒ 画質の調整はそのまま75で 『次へ』『ファイルに保存』 を選択して、指定したフォルダに保存します。
※画質を調整してもっと高画質にすることもできますが、それだファイルサイズが大きくなります。
75でも十分だと思ってます。

※ただし、元の画像によっては75でも画像サイズが大きくなることがあります。
私はできるだけはやく読み込んでもらうために50~7、80キロバイトにおさまるように調整しています。
(今後は5Gの時代が到来しますから検索エンジンの評価がどうなるかは不透明なところでもあるかと思います)

保存した画像をブログ記事に投稿する・・・約40秒

ここから先は画像処理ではなくてブログ記事投稿からの画像挿入=「メディアを追加」ですから詳しい説明は省略します。

『メディアを追加』⇒『ファイルをアップロード』から画像ファイルを保存してあるフォルダから挿入する画像『ファイルを選択』します。

⇒ 右側の代替テキスト欄に画像の情報を入力 ⇒ ・・・
たとえば「画像処理のイメージ」とか「画像処理加工のイメージ画像」など。

⇒ そして『投稿に挿入』で完成となります。

代替テキストを考えるのに少し時間がかかるかも知れませんが慣れてくれば40秒もかからないと思います。

[char no=”3″ char=”秋田秀一”]以上、ここまでで約90秒となります。
90秒で画像加工・保存から記事に挿入までが完了します![/char]

いかがだったでしょうか。
あとは、慣れの問題です。

※ウェブアートデザイナーをお持ちの方はぜひお試しください。

まとめ

みなさんは画像処理加工・画像編集に時間をかけすぎていませんか?

あまり画像加工処理・編集等に時間がかかると、ブログ記事投稿という実践・日々の行動にも影響してきます。
ブログが長続きしない理由の一つには、手間ひまかかる・時間をとられる、というのもあるかと思います。

実は・・・画像をネット上から検索して記事の内容にあった画像を見つけだすのも時間がかかるものです。
今回は(ツールが必要ですが)90秒での画像加工処理、投稿までを目指すやり方をご案内しました。

本来、検索エンジンの評価にはコンテンツの質が重要なことは言うまでもありません。
ただし・・・だからといって「画像」がいい加減でも構わないということではありません。

繰り返しますが、画像は読み流しする人でも目にとめます。
そして、画像の前後の文章には自然と目がいきます。読んでくれます。

そのことで滞在時間が長くなり、検索エンジンが「いい記事なんだろうな」と評価してくれます。

【まとめ】
・画像加工や処理に時間をかけ過ぎるとモチベーションや作業時間の確保という意味からもマイナス。
⇒ 90秒での画像加工処理のやり方に代表されるように効率的に画像挿入までやれるように独自のやり方を構築するのもお薦めです。
・画像はアイキャッチの他にも前後の文章で重要なことを伝えるための「フック」ともなりえるもの。
⇒ 読者が画像に注目することで滞在時間がのびることにつながればSEO的にもプラスとなる。
・画像サイズについては自分なりの考え方を決めるのもあり。私は黄金比を意識しています。

たかが画像かも知れませんが、されど画像ですね。

[br num=”1”]

ここまで本当にありがとうございました。

[br num=”1″]

スポンサードリンク



よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

秋田秀一と申します。銀行に31年勤務して定年退職後、二足の草鞋を履いています。副業・起業・借金(資金調達と返済)についてお手伝いできましたらうれしい限りです。⇒ プロフィール