いろんな情報商材やツールの案内サイトをみたり、メルマガなどの勧誘文言をみると、刺激的な言葉があふれています。
こんな言葉・文言をみたことはありませんか?

アフィリエイト初心者が、翌月から10万円!
3ヶ月で30万円!

すぐにでもお金が手に入りそうな感じです。

この文言がいい・悪いというのではありません。
注意してくださいね、というものです。

よくアルバイト情報で、日払いというシステムがあります。
その日にアルバイトした分の給料をその日にもらえるというものです。

アルバイトの場合、普通は月に一回締めて、それを給料日にもらえるというのがどこの会社なども採用しているスタイルです。
同じ発想をしておきましょう。

(それこそ情報商材にあるような)とあるノウハウを実行して、あるツールを使って実際のクリックや商品購入につながっても、翌月にそれなりの報酬実績がカウントされても、すぐには現金化できない仕組み・システムになっているところが多いのですよ、ということです。

実際には、(提携しているアフィリエイトの会社の)規約・決まりで、月末締めの翌月末支払い、とか(凄いのになると)数ヶ月後にお支払いします、というようなところもあります。
ここを頭に入れておかないと大変です。
すぐに現金が手に入るわけではありません、ということです。

何か翌月に実績が上がったら、すぐ翌月にお金がもらえそうな気がしますが(普通は)翌々月末というようにタイムラグが発生することを十分に認識しておきましょう。

即金系、すぐに現金が欲しい、という人は(それこそ日払いなどの)アルバイトをした方がずっとはやくお金を手にすることができます。

あくまでも「刺激的なコピー・セールスレター」に踊らされることなく、中長期的な・将来のための仕掛けづくりというような観点からアフィリエイトなどに取り組むのだ、という意識でいた方が良いと思います。

極端な話、すぐに実績がでたら(アフィリエイト報酬がカウントされたら)ラッキー、というぐらいの感覚です。
こういったコピーやセールスレターにおどらされて、高額塾(しかも詐欺まがい)なんてものに手を出したら大変です。
人間の心理として、一歩踏み出してしまうとタガが外れたように次々に足を踏み入れてしまう可能性があります。

もう後には引けないという感情がでてくるのでしょうね。怖いものです。
ですから、どうぞ高額塾などへ踏み出す時には熟慮されることをお薦めいたします。

即金系のアルバイトのように、その日のうちに現金が手に入るのが理想でしょうけど、アフィリエイトは月末締めで翌々月にお支払いというような仕組みが多いです。
これはそのサービスを提供している業者側が運転資金を確保するためにはありがたい仕組みなのです。

商品が売れます。現金またはクレジットカードでの決済です。
たとえばその月に売上計上となったものが翌月末にクレジット会社から入金になります。
それを運転資金に使えるのです。そしてまた、(翌月の売上分が)次の月に入ってきた時それからアフィリエイターへの手数料を支払えば、1ヶ月分の運転資金が使えることになるからです。

頭のいい人たちがいるのですね。
もっともこの資金のタイムラグを使ってビジネスを回すというのはどこの世界でも、いろんなビジネスでもみられる仕組みです。

ということで、アフィリエイトをスタートする時には、いかにもすぐに、翌月にでもという感じで煽るようなコピー・セールスレターが多いですけど、ここでもじっくりと検討、冷静に、です。
捕らぬ狸の皮算用ですが、(仮に)順調に成果報酬がカウントされても実際に現金化されるのは、いつなんだ?ということを確認しておくこともいいかも知れません。